3B85C1EC-C40B-4EF6-BEE1-542300EC9DC3

4〜5歳のころのことで、
まだ黙って読むというのが
難しい年頃でした。

大きな声で読むのは
やめるよう言いましたが、
なにせ狭いアパートだったので
早朝に起こされる生活が
1年近くはつづいたように
思います。

今の長男はというと、
折り紙か読書(黙読)を
しているので、
私も見習わねばと
感心しています。

もう5年ほど前に
購入したせいもありますが、
読み込まれた図鑑は
この通り。

BE5F2E8E-3B28-4A68-AC2E-146EE079751D
 
もはや修復も難しいほどに
ボロボロです。

今日はちょっと
我が家の図鑑事情について
書いておこうと思っています。

ご興味のある方は
お付き合い下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
有名な図鑑といえば
NEOとMOVEですが、
皆さまどちらを購入しようか
お困りでしょうか?

7BF4B1CA-FA6F-405E-B0DF-361035E5622A
魚図鑑を例にとって考察した、
我が家なりの見解は以下の通りです。
(あくまで素人見解なので、
ご参考までにお読みください。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
目次
1、図鑑として優秀なのはNEO
・掲載数はNEOが多い
・写真が揃っていて調べやすい

2、ダイナミックさが魅力のMOVE
・ダイナミックな写真を多用
・DVD収録時間はMOVEが長い

3、結局どっちがいいのか
・昆虫や鳥など普段見かけたものの
種類を調べたいという目的ならNEO
・ダイナミックな写真を
眺めたいならMOVE

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1、図鑑として優秀なのはNEO
・掲載数はNEOが多い
掲載数を比べてみると、
(NEO)
公式のデータによると1400種類。

(MOVE)
こちらは公式のサイトに
掲載数が載っていません。

我が家にある2013年版では
索引に乗っている名前の数が
1457種類。
このうち、複数の名前を持つ種類が
ざっと見たところ
170〜200程度含まれている。

圧倒的とまではいかないが、
NEOの方が掲載数が多い。


・写真が揃っていて調べやすい
これは図鑑を選ぶ上で
個人的に重要だと思っているのだけれど、
調べるという観点から見た場合
写真はなるべく
シンプルなのが良い。

例えば
チョウチンアンコウの
ページを比べてみると、
B3D3B65E-E877-4BB5-AFF8-CF2370B10EF3
写真左の図鑑NEOは
チョウチンアンコウの全身が
白地にきちんと乗っていて、
どういった体の作りをしているかが
わかりやすい。

対して、
右側の図鑑MOVEは
チョウチンアンコウの顔が
ダイナミックに載っていて
インパクトがあるが、
尾の方が
どういう作りになっているのかは
見ることができない。

調べるのに使う図鑑として
使うのにはNEOの方が
優秀だと言える。


2、ダイナミックさが魅力のMOVE
・ダイナミックな写真を多用
先述のチョウチンアンコウで
見た通り、
MOVEは躍動感のある写真を
多く使っている。

個人の好みもあるだろうが
見ていて楽しい図鑑だと思う。

・DVD収録時間はMOVEが長い
魚の図鑑の収録時間を比べると
NEOは70分、
MOVEが81分。

加えて、NEOに関しては
ちょくちょく
ドラえもんが登場するので
単純に生き物の映像の
長さを比べると
更に差が出ると思う。

加えて、
これは本当に個人的な
感想に過ぎないが、
MOVEのDVDの方が
映像がいい。
(私と小3長男の感想)

ちなみにMOVEの
DVDはNHKの映像を
使っている。

3、結局どっちがいいのか
・主に何かを調べたいという目的ならNEO
掲載数の多さ、
写真がシンプルで
全身が見えるものが多い
ということから、
調べるのに使うなら
NEOがおススメ。

・ダイナミックな写真を
眺めたいならMOVE
これは、個人の好みだが、
小さな子供をも飽きさせない
ダイナミックな写真が
魅力的。

ただ整然と写真が並んでいるだけでは
図鑑に興味を持ちにくいという
お子さんには向いているんじゃないか
と思います。


以上、私の図鑑に関する
考えでした。

ちなみに、
私が魚の図鑑を最初に買った当時は
MOVEにしかDVDがついておらず、
我が家には結構何冊かMOVEが
あるんですが、
個人的にはNEOの方が好みです。

NEOやMOVEに限らず
皆さんのご家庭にも、
ぴったりな図鑑が
見つかることを願っています。

お付き合いくださいまして、
ありがとうございました。


マネー教育の記事も
良かったらどうぞ↓