先日「いっぱいごはんを炊く日々」の
うのまちななせさんの

この記事を読んで、
思い出したことがあります。

88F5FDFB-3072-4E9E-B448-530F35B7EFA3

私は塾で授業の真っ最中。
当然、電話なんてしておりませんし、
両親も私が塾に行っていることは
知っていました。

当時、両親は50歳になったばかり。

それでも騙される
オレオレ詐欺グループの
演技力の高さだったそうです。

あの時は、
「授業中の教室にいきなり入ってこなくても… 」
「何も両親揃って来なくたっていいじゃない」
と、ただただ大笑いしたものですが、
子を持つ親の身になってみて、
あの時の両親の必死な様子が
ちょっと分かってきたような
気がします。

私も今年35歳。

電子マネーのような
新しいものを取り入れるのが
億劫になってきたお年頃。
「年寄り笑うな行く道だ」
の言葉に、
うんうんと頷くばかりです。

 
こんなに自分が歳を取るなんて
考えてもみなかった!!



両親の老いは
私のそれよりはもっと
加速しているような
気がしていて、
60を過ぎた頃から
少しずつ中年というよりは
老年という表現が
ふさわしくなってきています。

子どもの立場から
親がオレオレ詐欺に
引っかかるのを防ぐには
こまめな連絡が効果的と
よく聞きますが、
子どもたちが
入学・入園をした忙しさに
両親への連絡を怠っている
今日この頃。

Oh! My sweet husband」の
るるっぱさんの

この記事を見習って、
もう少し連絡をしようと思いました。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
オレオレ詐欺といえば、
以前、
北野トマレさんの
ほうれい線上のアリア」より、
オレオレだけどオレオレ詐欺ではない記事
 
に大笑いしました。

よかったら読んでみて下さい。