世界のすみっこでネバーランド

あれをやらねば、これもやらねば、でも遊びたい。大人になれない母親のちっぽけなネバーランドの記録です。現在小学2年生(8歳)、幼稚園年少(4歳)、1歳児の育児に奮闘中。

2019年01月

86DDCF20-C74B-4094-AEFF-18CC73B3F2A7
めぇ子は工作が好きだから、
うまくできるかもしれないと思ったのが
間違いだった。

ここから更に
紙皿、ストロー、セロテープなんかを持ち出して
散らかること、散らかること。

いいんだよ、
もちろん、いいんだ。
楽しそうだし。
一生懸命だし。
好きな事があるっていうのは
素晴らしいことだと思うよ。

でも、できれば片付けて〜。

なら頼まなければいいじゃないかって
話になるかもしれないけど、
やっぱりお手伝いがあるときは
出来るだけ頼むことにしている。

だって、子供だって家族の一員だから。

それに、お手伝いは
普段の生活では身につかない生活の知識や作業が
身につくと思っているから。

お手伝いできる子に育てれば
後々手伝ってもらえるかもしれないし。
(もちろん、一番の本心)

昔、内申相談に行った先の高校の先生が
家の手伝いをする子は
学力が高い事が多いとも言っていたから
っていうのもある。

真偽のほどは定かではないが、
当分の間はお手伝いには
手厚いサポートが必要そうだ。


初めての方は良かったらこちらへ↓
自己紹介・人物紹介

普段は5割り増しくらいに
可愛く描いているチョロ吉。
本当はほっぺの肉がプニプニで
丸顔を通り越して四角い顔をしている。

最近の幼稚園の先生とのやりとり。
09116792-5ECA-419E-943D-71FACBAE5675
 1DB0B2CA-BB55-44F9-8F3F-1104268D311E
昔、入院した時、
離乳食をあげてくれた看護師さんに、

「食べ終わったかどうか分からないくらい
ほっぺがぷにぷになんですよー。
よく、チョロ吉くんごっくんしたのー?
ぷにぷにでわかんないねぇって話しながら
ご飯あげてるんです。」

と言われたことがあった。

だから、最初はほっぺに何か入ってるみたいに
プニプニしてるねーって話かなって 思ってたけど、
よく聞いてみるとどうも違うらしい。

先生、そんなにぷにぷにですかー(笑) 

先日美容院に行く機会があった。

美容院に行くくらいなら
他のことをしたい私。
行くからにはせっかくだから
いつもとは違う髪型にしようと
意気込んで出かけた。

今日こそはブチャラティはやめよう。
心に誓っていた。

目指すはショートカット。
広末涼子さん、綾波レイ、
星空凛ちゃんみたいな感じ。
(ちょっとイラスト違っちゃってるけど・・・)

F5F0EE22-88FA-4C8E-8A76-8AB3C33BF9DD
でもね、いざ短くしようとすると

「段入れると伸びた時に跳ねますよ。」
「ショートだと伸びた時に
結べるようになるまで
時間がかかりますが、
大丈夫ですか?」
 
確かになかなか切りに来られないので、
手入れが簡単な髪型にしてください。
と、だいたいこう注文することになる。

それで、結局こうなるのだ。

FD2C6A73-DE30-4BAD-9AE1-034F0AEEC9ED
やっぱりブチャラティ。
もちろん、ブチャラティの方が
はるかにかっこいいから、
よく言い過ぎなのは分かっている。

でも、4歳の娘に
「まま〜、
それって子どもの髪型なんじゃないの?」 
と言われた私だから、
このくらいの見栄は許して欲しいと思う。

断じて子供の髪型なんかじゃなくて、
超スタイリッシュなブチャラティなのだ。  

いいの、これが一番だよ。
結局半年以上切りに行かないんだから、
美容師さんにはいつも感謝してる。
アドバイス、ありがとうございます。 

前回の続き
(棚田の美しい村サパ)

サパという村は色々な少数民族が暮らしていて、
彼らの刺繍が見事だということは前回書いた。
 
そのサパでは、
少数民族の部落を訪ねる的な
ツアーを申し込んだのだが、
そのガイドさんというのが
どう見ても子ども。

可愛らしい声で、
のどかな歌を歌ってくれたのが
印象的だった。
民族の歌だとか言っていたような気がするが、
定かではない。

16E1CC45-772F-41CA-A46B-D8C5ABA52579

棚田の見渡せる稜線みたいなところを歩くのは
本当に気持ちが良かった。

日本出身の私からすると、
小刻みに段の刻まれた棚田こそ珍しいが、
田園風景というのはさほど珍しいものではない。
しかし、同じくツアーに参加していた
ヨーロッパ出身の男性は
しきりに感心していた。

2〜3時間ほど歩いたんだったろうか。

その日泊まる宿、というより小屋に到着した。
 97FE05B4-2F98-4A25-8B71-650818C9387E

この写真はサパの中心部のものだが、
ちょうどこの子達の後ろに
写っている家のような感じだったんじゃないかと思う。


先程、ガイドさんが子どもだと書いたが、
サパでは幼稚園生くらいに見えるような子どもも
刺繍の施されたバッグやポーチを売って歩いていたので
それ自体は珍しいことではない。
驚いたのはここからだった。

一緒に寝てもいいかとお願いされた。
一人でゆっくり眠りたいなと
ちょっぴり思わないでもなかったが、
断るほどでもない。

それよりも驚いたのが、
彼女、ベッドの中でふざけてなかなか寝ないのだ。
早く寝ようねと何度言ったことか。

それも
「おっぱいよ〜」
と日本語で言いながら胸を触ってくるから
眠るに眠れない。

あまりの衝撃に年齢を聞くと23歳だと言う。
99120C35-87B9-4D7B-897A-061DF96407CF

私より年上!?
そんなはずない気がする・・・
でも、ここの人たち背が低いし
本当なのかもしれない・・・

と当時は思ったものだが、
小学生の息子を持つ今なら分かる。 
彼女はせいぜい10歳程度だったと思う。
なんと偉いことか。 
たった一人で客を案内するなんて。
泊まっているのも
自分の家というわけではなさそうだった。 

爪の垢を煎じて飲みたいものである。 

昨日は赤ちゃん連れで行く公園の
防寒対策について書いたから、
今日は子供が一人歩きをするようになってからの
公園での防寒対策について書いていこうと思う。

前回同様、外見を度外視した内容なので
参考にならない人も多いと思う。

見た目がダサくても構わない。
とにかく寒い思いをしたくないって人には
参考になるかもしれないよ!

75B33367-1531-4CC1-8D09-CEAE04BC3DAE
前回の記事はこれだよ→(赤ちゃん連れの防寒

真冬のディズニーランドだって怖くない
2、冬の公園防寒対策
・とにかく重ね着は基本
・カイロを貼る最適な位置
・登山用ラップスカートはブランケットにもなる
・毛糸の靴下


とにかく重ね着は基本

そんなの当たり前だ。
もうやっているという人は多いと思うが、
本当だろうか?

本当に公園で寒い思いをしたくないならば、
重ね着で着膨れすることを
恐れてはいけない。

おしゃれは我慢て言葉もあるけど、
その反対を行くのだ。
 
私の重ね着はすごい。
公園に佇む姿はダルマそのものだ。
C82B87C0-5AE3-4B13-B015-8AE5FE2E0838

(上半身)
ヒートテック肌着
ヒートテックのタートルネックトップス
毛100%のセーター


ここまでは普通だろう。
ここにさらにぶ厚めの
毛100パーセントのロングカーディガンを
重ね着する。

これが決め手だ。
最後にロングダウンを着込んだら上半身は完成だ。 


(下半身)
ヒートテックのタイツ
ズボン
登山用のラップスカート
ヒートテックの靴下
毛糸の靴下
 

後述するが、
私のブログにたびたび登場する
登山用ラップスカートは優れものだ。
一枚の布になるのでブランケットになる。

靴下二枚ばきは基本という人は多いかもしれないが、
毛糸の靴下は見た目がもっさいことが多いので
はかない人が多いだろう。

もったいない!

昨日も書いたが毛糸の靴下の暖かさは
ヒートテックを軽く超えると思っている。

カイロを貼る最適な位置
25A332B1-4FDC-49D8-9EBF-6E40F6A877AE
(注意:背中の図だよ)

1つならば肩甲骨の間だ。
知っている人も多いかもしれないが
肩甲骨の間には風門というツボがある。

この風門、風邪が入ってくる場所と
言われているらしい。

かつて会社の先輩が
風邪を引きそうな時の対処法として
風門にカイロを貼るという方法を
教えてくれた。
葛根湯を飲んで、
熱いシャワーで風門を温めて
カイロを貼って寝ると良いそうだ。

そして、このカイロの貼り方は
寒いときにも有効なのだ。

2つ目を貼るとしたら
あとは腰の下の方、
腰と尻の間くらい。

腰は体の中心だし、
二枚をあまりに近くに貼ってしまうと
暑くて不快になってしまうので、
このくらい離すのがちょうど良い。

これはあくまで私の経験上だが、
さっき検索してみたら
カイロを作っている企業のサイトでも
同じ場所をお勧めしていた。
(他にも何箇所かお勧めされていたから、
興味のある人はカイロ 貼る位置とかで
検索してみるとよいかもしれない。)

好みもあるだろうから
色々な場所に貼ってみて
試して欲しいと思う。

登山用のラップスカート
ラップスカートだとピンとこない人も
いるかもしれない。
巻きスカートのことである。

長方形の一枚の布を腰に巻きつけ
スナップボタンで留めて
スカートとして使うのである。 
D31D6170-CF66-4FFC-B170-E873CCAF4CB7

これは前述したが、
自分自身の防寒だけでなく、
一枚の布になるので子供が寒いときに 
ブランケットがわりになる。
肩にかけてやればマントにもなる。

子供が小さい時は荷物が多くなりがちだが、
ラップスカートなら腰に巻きつけて
持ち運べるのでおすすめだ。

ただし、真冬のベビーカーは
これ一枚だけでは心許ないので、
あまりに寒くて心配なときに
追加でかけてあげるブランケット程度に
考えた方がいいかもしれない。

毛糸の靴下
昨日も書いたけどもう一度書いちゃう。
だって、毛糸の靴下って
あったかいんだもん。

前回書いた三國万里子さんの靴下の他、
スパイラルソックスっていうのが簡単らしい。

本も毛糸も買って置いてあるのだが、
スパイラルソックスはまだ編んでみたことはない。



おしゃれさは完全に捨て切ったスタイルだから、
上半身四枚、下半身3枚、靴下重ね履き。
コロッコロに着ぶくれてるから 
参考にならないかもしれない防寒対策終わりだよ。 

↑このページのトップヘ