みなさん、自由研究は順調ですか?
我が家の長男(と私)は
自由研究ライフを
満喫しています。

続きというほどではないんですが、
前回の自由研究の記事はこちら。
 

ミジンコを研究することに決めた
小学3年生の長男。

20倍ー40倍の
ハンディ顕微鏡で十分か
考えてもネットで調べても
よく分からなかったので、
とりあえずミジンコを捕まえに行きました。

75BB691A-DA6C-4CD6-8FD7-996F58C82C37
 
まったく、本当に
だれの研究だと思っているんだか…。

兎にも角にも
暑いさなかミジンコらしきものを
捕獲してきた我々、
早速ハンディ顕微鏡40倍で
観察をしてみます。

前回の記事にも載せましたが、
見えたのがこちら。
9FFF2DB9-B3C0-4F36-A8CE-74179AFAF3C3

あと、こちら。
521DF651-2601-4F1A-9F40-57D0BBD076C6

ん?
想像していたミジンコの姿とは
289F3B04-1A54-4028-A49F-61A6DB71C950
全然違うよ!?

もしかして、
ミジンコじゃなかった??? 

早くも頓挫しかかった
我が家の自由研究でしたが、
翌朝、坂田明さんの
『私説ミジンコ大全』
を読んでいた長男が気がつきました。

私説 ミジンコ大全
坂田 明
晶文社
2013-01-17


「細長い方、ナガカイミジンコだ !!」

ほどなく、まん丸の方も
カイミジンコであることを特定。

長男と一緒に大喜び。
疑問に思ったことが
スッキリ解決する気持ち良さを
味わったのでした。

これぞ、
自由研究の醍醐味!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さてさて、
昨日の記事にも書きました

この商品が届きました!
(以下は少し長いので、
ハンディ顕微鏡にご興味のある方は
ご覧ください。)


9E791EBE-78C7-4EFB-8C48-EE3D4C74D057

中を開けるとこんな感じ。

06128879-FB42-4F08-AF20-2E3193708B9D


50ー80倍に拡大できるハンディ顕微鏡、
顕微鏡につけるストラップ、
藻類がセットされた永久プレパラート、
スライドガラス、スポイト、 
漏斗状のクマムシを採集するための器具、
あとは18ページの薄い冊子が
がセットになっています。
(ボタン電池が別売りなので
注意が必要です)

この冊子がかなり優れもので、
クマムシの採集や豆知識、
顕微鏡の使い方はもちろん、 
自由研究のまとめ方も
簡潔に書かれており、
これ一冊で
かなり優れた自由研究を
完成させられそうです。

このセット内容で
2000円程度は
かなりお得では!?という感想。

肝心のハンディ顕微鏡の性能はというと、
0B399280-84A6-4AC1-BD36-A3EE5FCFBCE3
上は80倍でみたもの。
二枚貝のように
2つの殻が合わさっている様子や、
割れ目から出ている触手(?)まで
よく観察できます。

面白い〜!!!!!
80倍にすると、
少し像がぼやけて見にくくなるんですが、
値段を考えると本当に大満足です。

スライドガラスに被せる
カバーグラス(四角くて薄いガラス)
がついてないのだけはちょっと残念ですが、
買って損なし! 
だと思います。 


自由研究の話↓



生き物大好き長男の話↓



図鑑はMOVEかNEOかって話↓