1歳半ごろの検診で
歯は見てもらいましたが、
歯医者は初めての末っ子。

今日は検診に行ってきました。

621A34AE-1C1E-4560-8063-7C836411F5D6
 
どうしてもイーっとすると
受け口になってしまう
チョロ吉です。

歯科衛生士さんによると、
幼児の反対咬合(受け口)は
ひとまず問題がないそうで、
永久歯に変わる頃もまだ
反対咬合が治らない時は、
場合によって矯正等が
必要になるとのこと。

ワザと反対に
噛み合わせている場合は、
そのまま
噛み合わせが固定されてしまうことも
あるそうなので、
直した方が良いとのこと。

チョロ吉の場合、
「イーして」と言わない限りは
普通の噛み合わせをしていた気がするので
多分大丈夫だと思うんですが、
気をつけて観察してみようと思います。 

我が家の子供達は、
3ヶ月〜半年に一回
歯科検診に行っているんですが、
けっこう歯医者によって
子供のフッ素を無料でやってくれるところや、
1500円程度かかる場所など
色々とあるようです。

お近くの歯医者さんに電話をしてみたり、
近所のママさんに聞いてみたりすると
いいと思います。


以前も歯医者のお話を書いたのですが、
 
この時も長女は
「歯医者って何?」と
聞いてきたのに、
今日もまたよくわかっていませんでした。

でも楽しみにしていたので、
やっぱり歯医者の印象は良いようです。
嬉しい限り。

仕上げ歯磨きは一苦労です↓