7941EC96-5502-4CC8-9622-162EDAC6EEFF

これが、小学生ではなく高校生の時だから、
我が身ながら呆れ果てます。

こんな感じでぼーっと生きてきた私ですが、
4歳の我が長女もやはり
かなりぼーっとしている方です。
公衆トイレも、
言い聞かせているのに
すぐにドアを開けっぱなしで使います。

しかし!
特に女の子は
ぼーっとしていてはいけない!
おばさんになって、やっと気が付きました。
世の中、安全な人ばかりじゃない。
4歳だって、安全じゃない!!

かくいう私も、
思い出したくもない過去ですが、
中学生時代に人気のない通学路で
スカートの中を盗撮されたり、
電車の中で抱きつかれたりと
色々ありました。

特に中学時代の経験は、
ぼーっと歩いていた自覚があったのもあり、
自分を責めたものです。
もちろん、親にも言えませんでした。

ぼーっとしていなくても
ある程度経験がある人は
多いかもしれませんが、
それでも、ぼーっとしているよりは
被害が少ないかもしれない。 

昨今、男の子だって危ない世の中。

子供達に対する防犯教育が
気になる今日この頃です。
ひとまず、人気のないところは歩くな。
一人になるなと言ったところでしょうか。

よく昔は、
危ないことがあれば
声を上げて助けを求めよと教わりましたが、
いざという時は恐怖で声が出ないものです。

防犯ブザーの電池も確認しなきゃ。
放課後ももたせた方がいいな。

みなさんのご家庭では、
どのようにされていますか?