世界のすみっこでネバーランド

あれをやらねば、これもやらねば、でも遊びたい。大人になれない母親のちっぽけなネバーランドの記録です。現在小学3年生(8歳)、幼稚園年中(4歳)、1歳児の育児に奮闘中。

カテゴリ: 教育

98593798-661C-4B71-953B-4FD5E1294BFC

小学生の頃の想い出です。

話は変わり、
先日、長男がワークショップで
煮干しの解剖をしてきました。
A882D5E8-FF30-4F12-B2C1-363A0B27D33D

煮干しを三十秒くらい 
水につけてから、
用事を使って解剖したそうです。

ワークショップの資料を作った方は
煮干しの解剖の本を参考にされたとのこと。

1時間もあれば解剖ができるので、
まとめを含めて1時間程度で
夏休みの自由研究ができると思います。

まだ終わってない方は
よければどうぞ。



ちなみに、ネットで検索すると、
写真のように
解剖したにぼしを貼り付ける
シートも印刷できるようです。 





このエントリーをはてなブックマークに追加

0C72B40D-02B4-4524-8FC0-9AF802C19CB4
国立科学博物館にて開催の
恐竜博2019に
行ってきました。

9917B688-3219-426E-B759-6ED40C8584FB

8月13日(火)
世間はお盆休みの人も多いけれど。
カレンダーでは平日という日に
特別展
『恐竜博 2019』に行ってきました。

1、待ち時間
2、お昼を食べる場所
3、展示内容
4、お土産情報
の順で書いていこうと思います。

ご参考になれば。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1、待ち時間
32A9F2D6-D321-4230-A729-90BF51EFF194

10時半ごろ博物館に着くと、
チケットのある人70分
チケットのない人90分
という表示がありましたが、
実際は整理券を配っているので
そこまで長く並びませんでした。

初めは一列に並ぶんですが、
チケットを持っていない人は
途中チケットを買うために
20分程度並びます
(どの程度並ぶかは
日によります。)。 
その後、整理券配布の列に
戻る形です。

私たちはチケットを持っていませんでしたが、
チケット購入の時間も合わせて、
30分程度並んだと思います。

11時ごろ手にした整理券には
入場可能時間が11時30分〜11時45分とありました。

私たちの行った日は
曇っていたので大丈夫でしたが、
炎天下では並ぶのがきついと思うので、
やはり事前にチケットを
買っておくことをお勧めします。



2、お昼を食べる場所
1C517083-E874-4F0F-8A7B-290956C7D16B
国立科学博物館には
お昼を食べられる場所が2箇所あります。

1つが日本館1階のラウンジ、
もう1つが、
地球館2階にあるムーセイオン。

・ラウンジ
ラウンジは科学館の規模からしたら
そこまで大きくなく、
おそらく席数100くらいでしょうか。
長机が所狭しと
並んでいるあまり広くないスペースです。

カレーやパスタなどが600〜700円程度で
ありますが、味は正直レトルト。

お弁当の持ち込みが可能なので、
持ち込みをお勧めします。

休日の混む日は、
11時ごろから混み出して
4時ごろまで満席が続くというのも
目にしたことがあるので、
混んでいそうな日は
早めにお昼を済ませるのが吉。

・ムーセイオン
こちらは上野精養軒が運営しているので
わりと美味しい。
恐竜の足跡ハンバーグなど
博物館らしいメニューがあります。

席数190もあるのですが、
ラウンジに比べると
ゆっくりする人も多いのか
日によっては結構並ぶ印象。

昔一度だけ入った時は
30分以上並んだと思います。

3、恐竜博2019の展示内容
46EC9E39-6D78-4915-994F-5EAEFCC5F208

長女が1番喜んでいた
マイアサウラの親子。
赤ちゃんが小さくて可愛い。

A27849DF-07E2-47A2-B35C-1A96AAAE1566
78BFBFF4-6C22-4D28-8B44-9AE5C910EC38
434C2792-9802-4681-8698-08C001189B97

今回目玉だったデイノケイルス。
腕の骨だけで2.4mなだけあって、
とにかく大きい。
見応えたっぷり。

08EE496A-DA49-419B-A953-7A1DE9C43210
もしも恐竜が絶滅せずに
人間のように二足歩行するように進化したら
こうなるかもしれないという模型。
娘、興味津々。

DB1BC740-9063-48EC-AE4C-997E304382D8
今回の展示のもう一つのメイン、むかわ竜。
私が子供の頃は、
日本から出てきた恐竜の化石なんて
フタバスズキリュウ
(ドラえもんの映画に出てきた恐竜)
くらいしかいなかったのに、
今はずいぶん増えていて驚きますが、
むかわ竜もその一種。

北海道で出土したそう。

861E6556-169C-4983-9634-AC9C8E821F6C
ロミオとジュリエットという
なんともロマンチックな愛称のついた化石。

F33D7D06-0897-470D-820F-715B7A7BF688
羽毛がはっきりと確認できる
ミクロラプトルの化石。

私が子供の頃は
恐竜の色はわからずに
空想で描かれていたのだが、
今は羽毛に保存された
メラノソームという器官の形により
色がわかるようになったらしい。

ちなみに、ミクロラプトルは黒っぽい。

すごいなと思うけど、
勝手にピンクやら水色やら
好き勝手な色で絵を描く時代が
終わりつつあるんだと思うと
ちょっぴり寂しい。

4、お土産
私たちが行ったのは平日で、
時間はおそらく1時ごろ 
激混みでした。

レジには長蛇の列。
ただ、レジは3つくらい稼働していたので
それほど並ばないかも。

2歳末っ子まで連れて
家族総出での観覧だったため
特別展でのお土産はちょっと心が折れて
買ってこなかったんですが、
鳥獣戯画風の恐竜手ぬぐいを
買わなかったことを大後悔しています。
7E15A273-D94F-4EA8-A825-C31AE16AE4FD

他には、すみっこぐらしグッズや
派手なファッションの恐竜が
描かれたトートバッグがおしゃれで
気になりました。
 
特別展では特に何も買わずに出たけど、
やっぱり図録を買うという夫は
日本館のお土産やさんへ。
(図録のみ常設展にある
お土産やさんで買えます)

やっぱり混雑してましたが、
無事に図録ゲット。
夫の買い物を好機と捉えた
末っ子はモササウルスのぬいぐるみを
39B8BB7E-3BD2-433F-B99A-2B29AB43672A
長女はフタバスズキリュウのぬいぐるみ、
私は超絶かわいい
クリアファイルをゲットしました。
 8C95DCAD-0F97-4C51-985A-4E9F7DDB32EB
もたもたしていた長男は
うまく選べず、
後日夫と交渉して
プテラノドンのぬいぐるみか
プテラノドンのぬいぐるみを
アマゾンで買ってもらうらしいです。


夫が以前葛西臨海水族館で気に入ってた
クロマグロのぬいぐるみ。
高っ!

このくらいが財布に優しい。


次回は11月からのミイラ展。
こっちも気になる〜!!!
多分行くと思います。 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
科学好きの記事
 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミジンコの観察、
楽しく終了しました。

長男のまとめも
ほぼほぼ済んだようで、
一安心。

残す大物は読書感想文のみ
となりました。

D6EC8CE8-1753-4709-A5F3-AD8CA57723AC

ミジンコって、
水中をただただ
ゆるゆると泳いでいるとばっかり
思っていたのですが、
実はかなり泳ぎが得意だそうで、
ミジンコを人と同じくらいの
大きさにしたら
一掻きで12mも進むそう。


 
『すごいぜ!!動物スポーツ選手権』
という本に書いてあったと
長男が教えてくれました。 

一回一回の動きも早いそうで、
長男によると、
人間サイズのミジンコなら
25mを3秒くらいで泳ぎきるそう。
(こちらは
小学三年生の長男が
独自に出した数字なので
真偽は確かではありません。)

世の中知らないことって
たくさんあるんだなぁと、
毎日のように思っています。

そして、侮りがたし
児童向け図書。
そして、幼児向け絵本。
こんなに勉強になるなんて、
いろいろと読んでみるまでは
思いもしませんでした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日は、
一素人がいろいろと触ってみた結果感じた
虫眼鏡とハンディ顕微鏡の
選び方について
書かせてください。

ここからは長くなるので、
ご興味のある方は 
お付き合いください。

ハンディ顕微鏡と虫眼鏡の選び方

1、高・低倍率によるメリット、デメリット
2、我が家にある道具のレビューと
オススメの観察対象
・ごく普通の虫眼鏡(2〜3倍)
・高倍率ルーペ(10倍)
・ハンディ顕微鏡(20ー40倍)
・ハンディ顕微鏡(50ー80倍)
3、結局どうやって選べばいいの?



1、倍率によるメリット、デメリット
ハンディ顕微鏡も虫眼鏡も 
高倍率、低倍率さまざまですが、
高倍率ならばいいというわけでは
ありません。 

高倍率になればなるほど、
大きく拡大出来るというメリットがある反面、
視野が狭まるというデメリットがあります。

視野が狭くなると、
その分、対象物を見つけるのが
難しくなります。

また、虫眼鏡の場合は
高倍率になればなるほど、
観察対象との距離を近くしなければならないという
デメリットもあります。

2、我が家にある道具のレビューと
オススメの観察対象

・ごく普通の虫眼鏡(2〜3倍)
学校でもよく使うタイプの
探偵が持っているような虫眼鏡です。

幅広い視野が確保でき、
観察対象から離れて
見ることができるため、
野外での昆虫などの観察に適していると思います。
 

・高倍率ルーペ(10倍)


 
こちらは対象物との距離が
5センチ程度でないと
ピントが合わない、
かつ視野が狭く
動く観察対象を追うのが難しいため、
個人的には植物や鉱石など
動かないものを観察するのに
適していると思います。

虫が苦手ではない私でも、
 5センチの距離で観察するのは
抵抗があります…。
抵抗さえなければ、
虫の動きを何らかの方法で止めれば
楽しく観察できると思います。

手に刺さったトゲを抜くのに
よく見るのにも便利。 
 

・ハンディ顕微鏡(20ー40倍)



顕微鏡の割には視野が広く明るく、
低学年の子供にも
扱いやすい倍率だと思います。

1mm程度までの小ささのものを
観察するのに適しています。

1mm程度の虫や、
チリメンジャコ等に混じっている
イワシの子供以外の生き物、
大きめのミジンコを見るのにぴったり。



こんな本をお供にすると
かなり楽しめると思います。


・ハンディ顕微鏡(50ー80倍)



50倍の倍率に設定して
1ミリ程度の生き物を観察すると
C66B15AD-DC28-44B8-BBA9-C9659865EB7B

こんな感じ。
半分くらいはみ出てしまいます。
0.5ミリの観察対象だと
0B399280-84A6-4AC1-BD36-A3EE5FCFBCE3
このくらいの見え方なので、
50ー80倍の顕微鏡だと
0.5ミリ以下のものを
観察するのに
適しているように思います。
 
(0.5ミリより小さいものは
まだ観察したことがないため
どの程度まで観察できるかは
未知数。
なにか分かったら
また記事にするかもしれません)

 
3、結局どうやって選べばいいの? 
観察したい対象と
使う人の年齢から選ぶといいと思います。

基本的に倍率が上がれば上がるほど
使いにくいので、
小さな子には低倍率の道具がおすすめ。

虫の観察をしたいならごく普通の虫眼鏡、
植物や鉱石だったら高倍率のルーペ、
1ミリ程度までのものが観察対象なら
20ー40倍程度の顕微鏡、
0.5ミリ以下の観察対象なら
50ー80倍の顕微鏡という感じです。

これはあくまで
素人が使ってみて考えた結果ですし、
使う人によって個人差があると思いますが、
少しでもお役に立てれば幸いです。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、自由研究は順調ですか?
我が家の長男(と私)は
自由研究ライフを
満喫しています。

続きというほどではないんですが、
前回の自由研究の記事はこちら。
 

ミジンコを研究することに決めた
小学3年生の長男。

20倍ー40倍の
ハンディ顕微鏡で十分か
考えてもネットで調べても
よく分からなかったので、
とりあえずミジンコを捕まえに行きました。

75BB691A-DA6C-4CD6-8FD7-996F58C82C37
 
まったく、本当に
だれの研究だと思っているんだか…。

兎にも角にも
暑いさなかミジンコらしきものを
捕獲してきた我々、
早速ハンディ顕微鏡40倍で
観察をしてみます。

前回の記事にも載せましたが、
見えたのがこちら。
9FFF2DB9-B3C0-4F36-A8CE-74179AFAF3C3

あと、こちら。
521DF651-2601-4F1A-9F40-57D0BBD076C6

ん?
想像していたミジンコの姿とは
289F3B04-1A54-4028-A49F-61A6DB71C950
全然違うよ!?

もしかして、
ミジンコじゃなかった??? 

早くも頓挫しかかった
我が家の自由研究でしたが、
翌朝、坂田明さんの
『私説ミジンコ大全』
を読んでいた長男が気がつきました。

私説 ミジンコ大全
坂田 明
晶文社
2013-01-17


「細長い方、ナガカイミジンコだ !!」

ほどなく、まん丸の方も
カイミジンコであることを特定。

長男と一緒に大喜び。
疑問に思ったことが
スッキリ解決する気持ち良さを
味わったのでした。

これぞ、
自由研究の醍醐味!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さてさて、
昨日の記事にも書きました

この商品が届きました!
(以下は少し長いので、
ハンディ顕微鏡にご興味のある方は
ご覧ください。)


9E791EBE-78C7-4EFB-8C48-EE3D4C74D057

中を開けるとこんな感じ。

06128879-FB42-4F08-AF20-2E3193708B9D


50ー80倍に拡大できるハンディ顕微鏡、
顕微鏡につけるストラップ、
藻類がセットされた永久プレパラート、
スライドガラス、スポイト、 
漏斗状のクマムシを採集するための器具、
あとは18ページの薄い冊子が
がセットになっています。
(ボタン電池が別売りなので
注意が必要です)

この冊子がかなり優れもので、
クマムシの採集や豆知識、
顕微鏡の使い方はもちろん、 
自由研究のまとめ方も
簡潔に書かれており、
これ一冊で
かなり優れた自由研究を
完成させられそうです。

このセット内容で
2000円程度は
かなりお得では!?という感想。

肝心のハンディ顕微鏡の性能はというと、
0B399280-84A6-4AC1-BD36-A3EE5FCFBCE3
上は80倍でみたもの。
二枚貝のように
2つの殻が合わさっている様子や、
割れ目から出ている触手(?)まで
よく観察できます。

面白い〜!!!!!
80倍にすると、
少し像がぼやけて見にくくなるんですが、
値段を考えると本当に大満足です。

スライドガラスに被せる
カバーグラス(四角くて薄いガラス)
がついてないのだけはちょっと残念ですが、
買って損なし! 
だと思います。 


自由研究の話↓



生き物大好き長男の話↓



図鑑はMOVEかNEOかって話↓
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

3B85C1EC-C40B-4EF6-BEE1-542300EC9DC3

4〜5歳のころのことで、
まだ黙って読むというのが
難しい年頃でした。

大きな声で読むのは
やめるよう言いましたが、
なにせ狭いアパートだったので
早朝に起こされる生活が
1年近くはつづいたように
思います。

今の長男はというと、
折り紙か読書(黙読)を
しているので、
私も見習わねばと
感心しています。

もう5年ほど前に
購入したせいもありますが、
読み込まれた図鑑は
この通り。

BE5F2E8E-3B28-4A68-AC2E-146EE079751D
 
もはや修復も難しいほどに
ボロボロです。

今日はちょっと
我が家の図鑑事情について
書いておこうと思っています。

ご興味のある方は
お付き合い下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
有名な図鑑といえば
NEOとMOVEですが、
皆さまどちらを購入しようか
お困りでしょうか?

7BF4B1CA-FA6F-405E-B0DF-361035E5622A
魚図鑑を例にとって考察した、
我が家なりの見解は以下の通りです。
(あくまで素人見解なので、
ご参考までにお読みください。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
目次
1、図鑑として優秀なのはNEO
・掲載数はNEOが多い
・写真が揃っていて調べやすい

2、ダイナミックさが魅力のMOVE
・ダイナミックな写真を多用
・DVD収録時間はMOVEが長い

3、結局どっちがいいのか
・昆虫や鳥など普段見かけたものの
種類を調べたいという目的ならNEO
・ダイナミックな写真を
眺めたいならMOVE

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1、図鑑として優秀なのはNEO
・掲載数はNEOが多い
掲載数を比べてみると、
(NEO)
公式のデータによると1400種類。

(MOVE)
こちらは公式のサイトに
掲載数が載っていません。

我が家にある2013年版では
索引に乗っている名前の数が
1457種類。
このうち、複数の名前を持つ種類が
ざっと見たところ
170〜200程度含まれている。

圧倒的とまではいかないが、
NEOの方が掲載数が多い。


・写真が揃っていて調べやすい
これは図鑑を選ぶ上で
個人的に重要だと思っているのだけれど、
調べるという観点から見た場合
写真はなるべく
シンプルなのが良い。

例えば
チョウチンアンコウの
ページを比べてみると、
B3D3B65E-E877-4BB5-AFF8-CF2370B10EF3
写真左の図鑑NEOは
チョウチンアンコウの全身が
白地にきちんと乗っていて、
どういった体の作りをしているかが
わかりやすい。

対して、
右側の図鑑MOVEは
チョウチンアンコウの顔が
ダイナミックに載っていて
インパクトがあるが、
尾の方が
どういう作りになっているのかは
見ることができない。

調べるのに使う図鑑として
使うのにはNEOの方が
優秀だと言える。


2、ダイナミックさが魅力のMOVE
・ダイナミックな写真を多用
先述のチョウチンアンコウで
見た通り、
MOVEは躍動感のある写真を
多く使っている。

個人の好みもあるだろうが
見ていて楽しい図鑑だと思う。

・DVD収録時間はMOVEが長い
魚の図鑑の収録時間を比べると
NEOは70分、
MOVEが81分。

加えて、NEOに関しては
ちょくちょく
ドラえもんが登場するので
単純に生き物の映像の
長さを比べると
更に差が出ると思う。

加えて、
これは本当に個人的な
感想に過ぎないが、
MOVEのDVDの方が
映像がいい。
(私と小3長男の感想)

ちなみにMOVEの
DVDはNHKの映像を
使っている。

3、結局どっちがいいのか
・主に何かを調べたいという目的ならNEO
掲載数の多さ、
写真がシンプルで
全身が見えるものが多い
ということから、
調べるのに使うなら
NEOがおススメ。

・ダイナミックな写真を
眺めたいならMOVE
これは、個人の好みだが、
小さな子供をも飽きさせない
ダイナミックな写真が
魅力的。

ただ整然と写真が並んでいるだけでは
図鑑に興味を持ちにくいという
お子さんには向いているんじゃないか
と思います。


以上、私の図鑑に関する
考えでした。

ちなみに、
私が魚の図鑑を最初に買った当時は
MOVEにしかDVDがついておらず、
我が家には結構何冊かMOVEが
あるんですが、
個人的にはNEOの方が好みです。

NEOやMOVEに限らず
皆さんのご家庭にも、
ぴったりな図鑑が
見つかることを願っています。

お付き合いくださいまして、
ありがとうございました。


マネー教育の記事も
良かったらどうぞ↓




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ