世界のすみっこでネバーランド

あれをやらねば、これもやらねば、でも遊びたい。大人になれない母親のちっぽけなネバーランドの記録です。現在小学3年生(8歳)、幼稚園年中(4歳)、1歳児の育児に奮闘中。

カテゴリ: 教育

3AA1A212-9AC0-4472-ACC3-9AE490B631801726EC6F-3F6E-4C6F-9C56-603A8EEB6715
85F22B2C-C809-46C1-962B-5F3D99FE1A99
F1EAB28E-D68A-4755-B858-490692FEEAC8


子供の頃は
よく秋冬にぶら下がっていたミノムシ。
久しぶりに見ました。

01F3EC5D-764A-4F62-97B2-7B00E2EC8E09


子供たちは、
どうぶつの森で捕まえたやつだ!とか、
思ったより小さい〜
(どうぶつの森ではもっと大きい)と
大喜び。 

ミノは小枝が綺麗に揃えられていて、
ちょっと触るとムニュムニュ動いて
ちょっと愛らしい感じ。

しかし、
一生幼虫のままとは驚きです。 
今の時期にミノを着ているのは
メスなんだそう。

最近子どもに
物を教わることが増えてきたのも
感慨深い・・・。

ミノムシはたくさんいましたが、
最近数が減ってるとかで、
ミノを剥いで毛糸の切れ端を入れて
カラフルなミノを作ってもらう遊びは
やめにしました。

そっと見守ることとします。

今日もお付き合いありがとうございました。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

9C29B0DC-35AD-41C3-91CC-86AAEEE29695
ほんと、
申し訳なくなるくらいに
あれやこれやと買いまくってます。

でも
あとでスーパー行ったら
ちゃんと在庫復活してたから
許されるよね…(汗)


買った時は
なにに使うか特に決めていなかった
工作用紙ですが、
ものすごく簡単な
ピタゴラスイッチの装置みたいなものを
子供たちと作りました。

 

多分、制作時間は30分〜1時間程度。


めちゃくちゃ簡単なのに
長男が大喜びして、
昨日からずっとピタゴラ装置を作ってます。

娘も昨日は
同じようなものを一生懸命一人で作ってました。

大人しくて、助かる〜。

今回作った装置のメモを
載せておきます。
コロナ休校で暇を持て余している
お子さんがいらっしゃったら
お役立て下さい。

 〜〜〜〜〜〜〜〜
コースは
2種類の作り方で作ってます。
B431FC05-31DE-4443-8BB7-0603381A7620


 上のやり方で、
足のついた壁と
ボウリングのレーンのようなものを作り、
ダンボールに貼り付けて
ビー玉を転がして調整しながら
コースを作っていきます。

A671A1A3-CF0A-47DB-8577-D2CB19A8D16A

最後の旗を立たせる部分は
こんな感じで。
F8854AAE-5DAD-45F8-9591-AE1FD32A8C79

コース上に固定して、
ビー玉が通ったら旗が立つように調整。

FF1C24D8-9A26-480C-AB5F-0C57EF3BCDCD
FF1C24D8-9A26-480C-AB5F-0C57EF3BCDCD

かなり簡単ですが、
ビー玉の勢いが良すぎて
飛び出してしまったり、
坂がゆるすぎて
上手く転がらなかったりと
試行錯誤が必要なので
結構楽しめると思います。

早く子供たちが登校できることを願って、
お家遊びを楽しみましょう♪

今日もお付き合いありがとうございました。




 
このエントリーをはてなブックマークに追加

AC7D85D2-C7D0-45AC-B346-EC5B90F503AD

野菜!?
日本語間違い?
それとも日本以外では野菜?
とか思ってたんですが、
日本でもかつて野菜だった。
(常識でしょうか…?汗)

ハンディ図鑑には、
たんぽぽの花の天ぷらと
根っこを使ったたんぽぽコーヒーの
作り方が載ってました。

さらに調べてみると、
フランスでは春に
たんぽぽの葉をサラダに入れて食べるとか。

とたんに
野に生えたあのギザギザの葉が
おしゃれに見えてくるではありませんか!?

これは食べてみたいっ!

公園に咲いてるのはちょっと悪い気がするので、
敷地に咲いているたんぽぽを
摘んで天ぷらにしてみようと思ったら、
末っ子に先をこされて
みんな摘み取られてました。

葉はまだ残されているので、
サラダで試してみようかしら?

今日もお付き合いありがとうございました。 



野草を食べるのすごく好きです↓




 
このエントリーをはてなブックマークに追加

98593798-661C-4B71-953B-4FD5E1294BFC

小学生の頃の想い出です。

話は変わり、
先日、長男がワークショップで
煮干しの解剖をしてきました。
A882D5E8-FF30-4F12-B2C1-363A0B27D33D

煮干しを三十秒くらい 
水につけてから、
用事を使って解剖したそうです。

ワークショップの資料を作った方は
煮干しの解剖の本を参考にされたとのこと。

1時間もあれば解剖ができるので、
まとめを含めて1時間程度で
夏休みの自由研究ができると思います。

まだ終わってない方は
よければどうぞ。



ちなみに、ネットで検索すると、
写真のように
解剖したにぼしを貼り付ける
シートも印刷できるようです。 





このエントリーをはてなブックマークに追加

0C72B40D-02B4-4524-8FC0-9AF802C19CB4
国立科学博物館にて開催の
恐竜博2019に
行ってきました。

9917B688-3219-426E-B759-6ED40C8584FB

8月13日(火)
世間はお盆休みの人も多いけれど。
カレンダーでは平日という日に
特別展
『恐竜博 2019』に行ってきました。

1、待ち時間
2、お昼を食べる場所
3、展示内容
4、お土産情報
の順で書いていこうと思います。

ご参考になれば。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1、待ち時間
32A9F2D6-D321-4230-A729-90BF51EFF194

10時半ごろ博物館に着くと、
チケットのある人70分
チケットのない人90分
という表示がありましたが、
実際は整理券を配っているので
そこまで長く並びませんでした。

初めは一列に並ぶんですが、
チケットを持っていない人は
途中チケットを買うために
20分程度並びます
(どの程度並ぶかは
日によります。)。 
その後、整理券配布の列に
戻る形です。

私たちはチケットを持っていませんでしたが、
チケット購入の時間も合わせて、
30分程度並んだと思います。

11時ごろ手にした整理券には
入場可能時間が11時30分〜11時45分とありました。

私たちの行った日は
曇っていたので大丈夫でしたが、
炎天下では並ぶのがきついと思うので、
やはり事前にチケットを
買っておくことをお勧めします。



2、お昼を食べる場所
1C517083-E874-4F0F-8A7B-290956C7D16B
国立科学博物館には
お昼を食べられる場所が2箇所あります。

1つが日本館1階のラウンジ、
もう1つが、
地球館2階にあるムーセイオン。

・ラウンジ
ラウンジは科学館の規模からしたら
そこまで大きくなく、
おそらく席数100くらいでしょうか。
長机が所狭しと
並んでいるあまり広くないスペースです。

カレーやパスタなどが600〜700円程度で
ありますが、味は正直レトルト。

お弁当の持ち込みが可能なので、
持ち込みをお勧めします。

休日の混む日は、
11時ごろから混み出して
4時ごろまで満席が続くというのも
目にしたことがあるので、
混んでいそうな日は
早めにお昼を済ませるのが吉。

・ムーセイオン
こちらは上野精養軒が運営しているので
わりと美味しい。
恐竜の足跡ハンバーグなど
博物館らしいメニューがあります。

席数190もあるのですが、
ラウンジに比べると
ゆっくりする人も多いのか
日によっては結構並ぶ印象。

昔一度だけ入った時は
30分以上並んだと思います。

3、恐竜博2019の展示内容
46EC9E39-6D78-4915-994F-5EAEFCC5F208

長女が1番喜んでいた
マイアサウラの親子。
赤ちゃんが小さくて可愛い。

A27849DF-07E2-47A2-B35C-1A96AAAE1566
78BFBFF4-6C22-4D28-8B44-9AE5C910EC38
434C2792-9802-4681-8698-08C001189B97

今回目玉だったデイノケイルス。
腕の骨だけで2.4mなだけあって、
とにかく大きい。
見応えたっぷり。

08EE496A-DA49-419B-A953-7A1DE9C43210
もしも恐竜が絶滅せずに
人間のように二足歩行するように進化したら
こうなるかもしれないという模型。
娘、興味津々。

DB1BC740-9063-48EC-AE4C-997E304382D8
今回の展示のもう一つのメイン、むかわ竜。
私が子供の頃は、
日本から出てきた恐竜の化石なんて
フタバスズキリュウ
(ドラえもんの映画に出てきた恐竜)
くらいしかいなかったのに、
今はずいぶん増えていて驚きますが、
むかわ竜もその一種。

北海道で出土したそう。

861E6556-169C-4983-9634-AC9C8E821F6C
ロミオとジュリエットという
なんともロマンチックな愛称のついた化石。

F33D7D06-0897-470D-820F-715B7A7BF688
羽毛がはっきりと確認できる
ミクロラプトルの化石。

私が子供の頃は
恐竜の色はわからずに
空想で描かれていたのだが、
今は羽毛に保存された
メラノソームという器官の形により
色がわかるようになったらしい。

ちなみに、ミクロラプトルは黒っぽい。

すごいなと思うけど、
勝手にピンクやら水色やら
好き勝手な色で絵を描く時代が
終わりつつあるんだと思うと
ちょっぴり寂しい。

4、お土産
私たちが行ったのは平日で、
時間はおそらく1時ごろ 
激混みでした。

レジには長蛇の列。
ただ、レジは3つくらい稼働していたので
それほど並ばないかも。

2歳末っ子まで連れて
家族総出での観覧だったため
特別展でのお土産はちょっと心が折れて
買ってこなかったんですが、
鳥獣戯画風の恐竜手ぬぐいを
買わなかったことを大後悔しています。
7E15A273-D94F-4EA8-A825-C31AE16AE4FD

他には、すみっこぐらしグッズや
派手なファッションの恐竜が
描かれたトートバッグがおしゃれで
気になりました。
 
特別展では特に何も買わずに出たけど、
やっぱり図録を買うという夫は
日本館のお土産やさんへ。
(図録のみ常設展にある
お土産やさんで買えます)

やっぱり混雑してましたが、
無事に図録ゲット。
夫の買い物を好機と捉えた
末っ子はモササウルスのぬいぐるみを
39B8BB7E-3BD2-433F-B99A-2B29AB43672A
長女はフタバスズキリュウのぬいぐるみ、
私は超絶かわいい
クリアファイルをゲットしました。
 8C95DCAD-0F97-4C51-985A-4E9F7DDB32EB
もたもたしていた長男は
うまく選べず、
後日夫と交渉して
プテラノドンのぬいぐるみか
プテラノドンのぬいぐるみを
アマゾンで買ってもらうらしいです。


夫が以前葛西臨海水族館で気に入ってた
クロマグロのぬいぐるみ。
高っ!

このくらいが財布に優しい。


次回は11月からのミイラ展。
こっちも気になる〜!!!
多分行くと思います。 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
科学好きの記事
 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ