世界のすみっこでネバーランド

あれをやらねば、これもやらねば、でも遊びたい。大人になれない母親のちっぽけなネバーランドの記録です。現在小学3年生(8歳)、幼稚園年中(4歳)、1歳児の育児に奮闘中。

タグ:イヤイヤ期

チョロ吉2歳。
絶賛イヤイヤ期の真っ最中。

D88E73E6-AE0D-420F-A1B4-D2D7C15FCF87


夫は優しいし
面倒見がいいので、
子供に大人気。

最近は
土日の夜の読み聞かせや
抱っこ、食事の介助など
ありとあらゆる場面での
夫の存在感が大きくなっています。
ありがたいことです。

このまま続け。
夫の人気。
 
しかし、本当に
2歳児様は何様なのかしら?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ほかのイヤイヤ期の記事もどうぞ↓ 
 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

B475F402-AF52-460B-954A-8D0DE221E14C

ご飯も一人で食べるし、
泣きわめかないし、
正直、ジャイアン様の方が
かなり善良ですけどねっ!! 



自由も権利もありませんよ↓
 

そして、1日に何度もご乱心↓


このエントリーをはてなブックマークに追加

0902F6B8-EE7E-4F06-AE57-189199FAEBD1

風邪といっても声が変わるくらいで
元気一杯のチョロ吉。

でも、あれもこれも食べたくない、
そのくせお腹が空いたと泣くし、
あととにかく泣くしで、
やっぱり風邪が辛いのだろうと思って
連れて行ったらこれでした。

風邪じゃなくて
単なるイヤイヤ期の症状でしょうか。 

母になってもうすぐ9年。

三人の子供を育てていますが、
今でも病院へ行くか
行かないかは迷います。

基本的に、
一般的な風邪には症状を抑える薬しかないので
症状が軽そうなら家で様子を見ていますが、
今回のように
行っても無駄なことも多々あります。

機嫌の悪いところを連れて行って、
薬を貰えなかった時の徒労感は凄まじい。
…もちろん!
軽いに越したことはないんですけどね!!

そろそろsiriさんやアレクサさんが
病院に行くべきかどうか
軽く診断してくる時代が来ませんかね…?




このエントリーをはてなブックマークに追加

6F8C010E-F1E4-4D3E-A183-6E11F6541509

どう聞いてもブロッコリーだから、
なかなかわかりませんよ、殿!

(他の殿ご乱心の記事)




以前、ツイッターにも書いたのですが、
私は大人になりきれない大人ゆえに
おもちゃの類が大好きです。

8CC7ACF9-7100-4787-981B-B570F4018589

おもちゃの買い置きもこんなに!
アマゾンで安いのや、
自分が欲しいものを見かけると
ついついポチってしまうんですよね。

子供にはなんでもない時に
いつもいつもほいほいとおもちゃを
与えるわけにもいかないので、
誕生日やクリスマスまで温存してます。
(今年のクリスマスは放出するぞ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

末っ子のイヤイヤに
翻弄される毎日を送る
ネバーランド母です。

いつもありがとうございます。

3FA49550-11CF-49AF-9F46-B71ACF7E6CC1

このやりとり、
意味あるんですかね???
って思っちゃうんですが、
やっぱり、幼児にとっては
意味があるんでしょう。

…今日は、
イヤイヤ期周辺について
ちょっと書かせてください。

少し長いです。
ご興味のある方は
お付き合いください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前に描いた歯磨きの記事や、
66F2A089-BD3F-4916-8AFD-D5BA1354D09F
 (過去記事:仕上げ歯磨きの今昔)


トイレの記事
A67EBC5B-24AD-4F20-9485-43CBE5190342
(過去記事:トイトレの今昔)


など、
随所に描いてある通り、
私はわりと強制的に
トイレへ連行したり、
ハリツケ状態でオムツを替えたりします。

やる、やらないの
押し問答をする時間は
親にとっても
子にとっても
ストレスだと思っているからです。

しかも、
本当にやりたくないとは限らない。
(例えばただ眠いだけ
あるいはお腹が空いているとか)

なので、
どうしても急いでいる時や、
仕上げ磨きのように
やらなければ虫歯になるという
見逃せないリスクがある時なんかは、
ささっと済ませる。

その代わりに気をつけているのが、
今日の4コマのように
それ以外の時は
出来る限り
本人の気持ちに寄り添って、
やりたいことをやらしてあげる
ということです。

348DC797-F326-45C8-BC62-8938F01D6210

大したことじゃないんですけどね。

このくらい待ってあげるのは
当たり前と思う方も
多いかと思うんですがね。
(私はせっかちかつ小さい人間なので、
結構我慢してると自負してますが…)

この、ほんのちょっとの
積み重ねが、
イヤイヤ期のイヤイヤを
すこーしだけ
和らげてくれる。
そんな気がするんです。

第一子の時は心の余裕も少ないし、
何よりほかに面倒を見る子が
いないことから、
どうしても私の注意が
全部子供に注いでしまう。

結果「ダメ!」って言うことも
多かったんです。

荒れましたね…。
大荒れ、台風、雷模様でした。

何かで読んだんだか、
誰かに指摘されたんだか忘れたんですが、
とにかく
余裕のある時は好きなようにさせる。

公園に飽きて
道を散歩するのも、
ジャングルジムに挑戦するのも。

これを心がけるようになってから、
随分と子供も
穏やかになったような
気がします。

これは、忘れがちですが
小学三年生の長男との
関わり合いでも言えること。

なんてことない事柄は
とにかく肯定を貫く。
(そして、できれば
時々でもいいから一緒に遊ぶ。)
そうすると、
本当に、驚くほど素直に
親の言葉に耳を傾けてくれる気がします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このことは、
私自身忘れてしまいがちなので、
自戒の意を込めて
長々とブログに書かせていただきました。

最後までお付き合い下さった方、
ありがとうございました。
IMG_20190712_102733

雨降り模様ですが、
いつも心に太陽を。
穏やかに暮らせるよう
心がけていきたいと思います。
 

みんなで蒔いたひまわりが咲きました↓
過去記事:種上手にまけるかな
9060A348-CB77-4CDA-86EB-58C2BD844FC5

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ